体調が悪いときに行く|乳癌の転移も相談できる頼りになる病院【選び方にもコツあり!】

体調管理のために頼れる城東区の内科医を知っておこう

体調が悪いときに行く

病室

まず最初にかかる科

大阪市の城東区は住民の数も多いですので、その地域医療を支えるために様々な病院が活躍しています。
私達の身近にある病院といえば内科だといえるでしょう。内科とは何かというと外科とは違うということしか知らないという人でも、何か困ったことがあれば城東区に住んでいればその地域の内科を探すはずです。

よく分からなかったら一般内科へ

例えば発熱がある場合、インフルエンザなら内科と看板が掲げてあるところならどこでも受け付けてくれるでしょう。しかし、消化器内科ならどうか治療してくれるかどうかわかりません。
もし発熱や嘔吐など、いつもとは違う症状が出ているにも関わらず、原因がはっきりしない場合は一般内科と書かれている場所に行きましょう。

薬物の投与と検査

本格的な癌治療といえば外科の医師に任せるという印象がありますが、近年では内科でもできることが増えています。
内視鏡検査やX線検査などがその代表で、身体の中を調べて診断をすることができるようになってきてからは、内科が医療に占める重要性は高まってきています。

内科の種類を徹底解説!知って活用しよう

一般内科

風邪の症状があれば一般内科を訪れるという人は多いです。また、残尿感があるなど、泌尿器に関することも幅広く取り扱っているので、不定愁訴がある場合も受診しましょう。その後に適した専門外来へ紹介されることも多いです。

循環器内科

高血圧や動脈硬化になった場合、循環器科への受診が推奨されます。健康診断では必ず検査される部分ですので頼れる病院を知っておきましょう。それだけでなく、心臓に関連する病気や、血管に関する病気を専門に扱っている科です。

泌尿器科

基本的には内科に属していますが、前立腺癌や男性生殖器の病気もこちらで受診可能です。もちろん、女性であっても腎臓など排尿に関する障害が起こった場合は泌尿器科を受診した方が良いです。副腎など内分泌系にも関連しています。

禁煙外来

外来のように、入院は基本的に受け付けていないが治療のアドバイスを行なうところも内科にはあります。生活習慣病の治療も注目されていますが、特に最近では禁煙外来が利用されています。健康保険を使うことができるケースもあるのです。

広告募集中