10年後も健康でいたい|乳癌の転移も相談できる頼りになる病院【選び方にもコツあり!】

乳癌になっても生存率を上げるために早期発見と転移治療を万全にする

遺伝子の傷が異常を生む

家系的に癌になった人が少なかったとしても、癌を発症する確率はゼロではありません。何らかの原因で遺伝子が傷つき、さらに癌を抑制する免疫力がなかった場合は細胞の癌化を止めることができなくなってしまいます。そのため定期的な検査が必要なのです。

10年後も健康でいたい

女の人

完全に切除できるタイプの乳癌

乳癌になってしまうと、転移のことも考えなければならないし、気分が重くなってしまうでしょう。しかし、早期発見できて、しまも非浸潤タイプであれば切除が簡単で転移の確率も低くできます。
非浸潤タイプとは、周辺組織との境界線がはっきり分かりやすいタイプのことで、逆に浸潤癌とは境界線が分かれておらず、転移の確率も高い癌です。

検査の重要性

二年に一回、できれば一年に一度の乳癌検診が女性には推奨されています。
これは、浸潤癌を早めに対策し、転移をしにくくするためなのです。マンモグラフィー検査では分かりにくいタイプの癌でもあるため、転移する前の対策を万全にするためにも定期検査が求められます。

乳房の温存は相談する

乳房がどうなるかは、乳癌にかかった人であれば気になる問題になってきます。身体の形が変わってしまうのですから、できれば温存したいというのは当然でしょう。
しかし、リンパ節や他の部分に転移が進んでいれば温存はできません。腋窩リンパ節郭清となった場合、人工の乳房を作る選択肢もあります。

名医の治療に注目

乳癌になった場合、ステージ1で発見できれば95%の生存率になるなど、やはり最初の動きが重要になってきます。
もし検査をするのであれば、名医がいる病院に行くと良いでしょう。そうすれば発見できにくいタイプの癌でも正しく対応することができるといえます。最新の治療法を取り入れていたり、有名な医師がいたりする病院を中心に探していきましょう。

広告募集中